読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

竹中夏海先生のハロコンレポが面白かったので共有しておく。

竹中先生のハロコンレポがなんか面白かったです。

何度も読んでしまったので、簡単に共有させて頂きます。
まず、竹中先生とは……

竹中 夏海(たけなか なつみ、1984年6月10日 - )は、埼玉県出身の振付師・女優。プラチナムプロダクション所属。PASSPO☆アップアップガールズ(仮)の振付を担当している。

簡単に言うと、アイドルのダンスの振り付けをしているお方です。

f:id:aikoaaaaan:20140201193511j:plain

アイドルヲタクであるが、自分自身が人前で踊ろうとは思っていない。しかし、男のアイドル、特に嵐のメンバーになりたいという考えは持っている。

そして、竹中先生は嵐になりたいドルヲタでもあります。

私が面白いと思った記事は、1月27日に公開された……

ライブ…レポ…?|竹中夏海オフィシャルブログ「チロリアンぶろぐ」Powered by Ameba

 



この記事です。前半Perfume、後半ハロコンのLIVEレポという記事構成になっております。
それでは、刺さった部分をいくつか抜粋してみます。

そしてお正月恒例のハロコン。これはもりしと一緒に行って、隣の席では指原さんとメロンジュースぶりに再会し、お互い「うっわ、はっずかし、なんか、すっごいはっずかし!!」と動揺しつつ、前のめりで参加しました。ハロヲタ、ミンナイイ奴。ハロヲタ、世界ヲ救ウ。

竹中先生、HKTの指原と関係者席にて遭遇! そして、ハロヲタ世界ヲ救ウと豪語。

あとりぃちゃんが他グループや研修生がパフォーマンスしてサイドで軽くみんなで一緒に踊る時間の時、ちょっぴり退屈そうに目を掻いていた。りぃちゃんのこういうとこ、本当推せる。

ちょっぴり退屈そうにしてても推される、Berryz工房の菅谷のりーさん。私も好きです。

 あと、他グループや研修生がパフォーマンスしてサイドで軽くみんなで一緒に踊る時間の時、いつもきちんと手を抜かない5人。℃-uteのこういうとこ、本当推せる。

私もこれはハロコンで見てて思いました。

やっぱりリーダーの矢島氏はいつでも全力だし、愛理だって手を抜かない。
一番手を抜きそうな岡さんだって、スポットライトが当たってないとか関係ないパフォーマンス力!

あのね…ここから本当に私の主観劇場の始まりなので、皆さんは聞き流して下さいね…?主観なので異論は認めませんし。

きたきたきたー。

J=J、パフォーマンスもメンバーも魅力的なグループ、中でもかなともこと金澤朋子さんは顔立ちがね…似てるじゃないですか…そう…ゆゆゆゆ、ゆうかりんにさ…

えええええ、ゆうかりんに似てますか……?

でもね、似てると余計に辛いこともある事を私は知ってる。似ているからこそ、あぁ、ゆうかりんだったらきっとこう言うのに…あぁゆうかりんはそんな風に笑わない…ゆうかりんだったらきっと…ゆうかりんだったら…ゆうかりんだったら…

竹中ワールド突入。うんうん、似てると辛いことってあるよね。重ねちゃうよね。

そんなゆうかりんの影を追ったままかなともを推すのは何だか理由が不純だし、かなともにも失礼!そう思っていたのです。

うん、たしかに。

だから私はかなともを推さない、いや推せない、私なんかが推すべきではない…そう心に鍵をかけて数ヶ月…。

竹中先生、ロック完了!

…あれ?なんか、かなともって、あれ?なんか、ゆうかりんとまじで全然ちがう?全然ちがうっていうかむしろ対極?ん?あれ?じょ?じょおう?女王様?かなとも女王様??か、か、か、か、かなともさーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!

しかし、なんか違ったみたいです。

そう。かなともは、女王様だったのです。

そうですよ、かなともは女王様なのですよね。女王様なんて、藤本美貴様以来かもしれません!

ふんわりしてて、ほわほわしてて、でも時々頑固で、それがまた愛おしい、可愛い私達の永遠のゆうかりん…。対し、かなともは、カメラに向ける挑発的な目、メンバーをイジる時の恍惚の表情、人の話を聞き流す物腰。どう見ても、大物。ただの女王様。

ゆうかりんとかなともは似てるどころか、真逆だと……。

もうかなともなんて呼べない。これからはかなともさんて呼ばせて頂きます今までの無礼失礼致しました。推させて下さい、いや推すべきだ、日本全国、かなともさんに膝まづくべきだ、おいそこの棒立ちのやつばかやろう!!!!!

おい、このブログを見ているそこの棒立ちやろう!←

そう、それはまるで少女漫画。それはまるで韓流ラブコメディ。

竹中ワールドまだまだ続きます。

初恋の王子様のような幼なじみを失い、恋愛ができなくなってしまった主人公。そこへ、ある日あの初恋の相手そっくりの彼が…

はい、なんか長くなりそうなので抜粋させて頂きます。(実際そんなに長くない)

かなともさんと自分を重ね合わせています!!!!!!!

結果、竹中先生……かなともと自分を重ね合わせはじめました。

よ、予想外の結末……!!! 

ローズクォーツ!!!

はい、こちら側からは以上です。

 

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい