読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

前しか向かねえアイドルという職業。

f:id:aikoaaaaan:20140205014416j:plain

前しか向かねえアイドルという職業。

前しか向けないアイドルという職業。前しか向かせてくれないアイドルという職業。

振り返る暇なんてない。立ち止まっていたらすぐに追い越されてしまう。
でも、先を進むにしてもどの道が正しいのかなんて誰にもわからない。
一歩進んでみないとどうなるかなんて誰にもわからない。

進める道は何十通りも、何百通りもある。

一度進んでしまったらもう二度と引き返せない道もある。
すごい遠回りでもなんとかゴールにたどり着けそうな道もある。
でも、すごく稀にスムーズにゴールまで進める道もある。……かもしれない。

でも、どの道に進めば良いのか、じっくり吟味してる時間なんてない。
限られた時間の中で、一瞬のひらめきと少しの努力で得た感覚で判断するしかない。

f:id:aikoaaaaan:20140205060749j:plain

道を反れて、路頭に迷うこともあるだろう。
そんなとき、彼女たちを私たちは“応援”という形で見守るしかない。

f:id:aikoaaaaan:20140205021941j:plain

道に迷って、泣き出す子もいるだろう。
そんなとき、彼女たちを私たちは“声援”で誘導してあげないといけない。

f:id:aikoaaaaan:20140205060617j:plain

道の途中で、たくさんの誘惑が待ち受けているだろう。
そんなとき、彼女たちを私たちはどうしてあげたら良いのだろうか。

私は、アイドルという名の彼女たちのことが大好きだ。

 

f:id:aikoaaaaan:20140205021219j:plain

そして、彼女たちはいつか結婚する。
そして、彼女たちは気づくだろう。改めて思うだろう。

f:id:aikoaaaaan:20140205055323j:plain

アイドルという名の職業にゴールはなかったことに。正解の道なんて最初からなかったってことに。

f:id:aikoaaaaan:20140205055407j:plain

だから前だけ見て、突っ走って。
その突っ走っている姿が一番美しくて、輝いて見えるから。


(この写真はウクライナのKlevanという村にあるトンネル。ここを訪れた愛し合う2人の愛が誠実であれば、願いが叶うといわれているのだとか。世界一ロマンチックなトンネルなんだってー行きたいいいいいい)

前しか向かねえType A(通常盤)(多売特典あり)

前しか向かねえType A(通常盤)(多売特典あり)