読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

ジャニヲタと行ったBerryz工房デビュー10周年記念LIVE 〜前編〜

Berryz工房デビュー10周年記念コンサートツアー2014春~リアルBerryz工房~』

本日からはじまったBerryz工房の春ツアー。早速、今日、昼公演に行ってきましたー。
てか、まず一言、言わせてくれ、セトリが意外すぎた。絶対くると思っていた曲がこなかった。

タイトルに書いた通り、私はこの記念すべきLIVEにジャニヲタの友だちを連れて行きました。

友だちは女性アイドルのLIVEに行くのが初めてだったので、これはくるだろうーって曲を、
前もって聞いてもらっていたのだが……結果、こなかったよね。なんか申し訳ない。

だって、ツアー初日の1公演目だったんだもん! セトリわからないんだもん!
(いや、本当にごめんなさいって思った。某曲のイントロとか何回も聞いてくれてたのに)

でも、ファンの年齢を考えていないベリーズさんらしいセトリで最高だった。
この10年を2時間強でできるだけ表現しようとする彼女たちを見て私は多幸感に包まれました。

f:id:aikoaaaaan:20140301182413j:plain

そして、明後日、3月3日、ひなまつり。いよいよ、Berryz工房は10歳の誕生日を迎えます。

10年前、Berryz工房がデビューした2004年……
ベリーズのキャプテン清水佐紀と元ソフトボール部キャプテンの私は同じく12歳でした。

そして、10年後の今、同じく22歳になりました。

ステージの上でスポットライトを浴び続けたBerryz工房の10年と、
顧問からのノックを高校3年間浴び続けた一般庶民の私の10年。

中身は全然違いますが、10年は10年!

Berryz工房の7人は、自分たちが歌って踊る姿を客席から見ることはできない。
越えなくても良い壁の向こう側にいる彼女たちは、この10年間、いつ見ても輝いていた。

今日はりーさんが「今日初披露した曲もみなさん2番から踊れててさすがだなって思いました」
って、私たちを褒めてくれましたが、この10年間、私たちも変わらずに輝き続けていたでしょうか。

こちら側から見たBerryz工房が美しいように、あちら側から見た私たちも美しくありたい。

だって、Berryz工房にも美しい景色を見てほしいもの。
私たちばかり良い景色を見てたら、きっとバチが当たる。

こちら側からは以上です。と言いたいところなのですが、まだまだ続きます。

次回予告、ジャニヲタと行ったBerryz工房デビュー10周年記念LIVE 〜後編〜
ジャニヲタの友だちにLIVEの感想をあれこれ聞きましたー。