読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

アイドルの夢を見届け続けるのが趣味。

今日は推しの戸島花氏の舞台を見に吉祥寺まで行ってきました。

舞台女優、戸島花をこれからも応援します!

私は隠れキリシタンならぬ、隠れドルヲタだったことを山手線の中で急に思い出した。

この記事を書いてから、早3カ月。今日は3カ月振りの舞台鑑賞でした。

アイドルから舞台女優になった戸島花

「舞台女優になりたい!」と、AKBのときから言っていた花ちゃん。
今もその夢を叶え続けていて、私はその夢をかれこれ3年ほど見届け続けています。

2011.04.07 降臨Fight@吉祥寺シアター
2012.06.09 鬼切姫~第一章・志を継ぐもの~@伝承ホール
2012.06.10 鬼切姫~第一章・志を継ぐもの~@伝承ホール
2012.08.14 CABARET ON THE SEA@シアターグリーン BIG TREE THEATER
2012.08.15 CABARET ON THE SEA@シアターグリーン BIG TREE THEATER
2012.11.24 世界は僕のCUBEで造られる@吉祥寺シアター
2012.11.25 世界は僕のCUBEで造られる@吉祥寺シアター
2013.03.16 絶対彼氏@シアター1010
2013.04.20 危機之介御免@池袋シアターグリーン
2014.01.11 「振袖大火~吉原木遣り唄~」@シアターグリーン BIG TREE THEATER
2014.04.19 恋する、プライオリティシート@吉祥寺シアター

今日で花ちゃんの舞台を見るの11回目。

f:id:aikoaaaaan:20140420033256j:plain

今回の『恋する、プライオリティシート』は、最近の舞台とテイストが少し違って、コメディでした!

下ネタもガンガン飛び交ってて、面白かったなあ〜〜〜。
前回の舞台はシリアス過ぎて涙目必死で見てたのですが、笑い中心の舞台も良いですね。
今回の花ちゃんの役柄は普段の花ちゃんのまんまらしいです。だとしたら、相当キツい性格←

ツンデレ花ちゃんが私は大好きですけども!!!

ピアノの生演奏がBGMでとても癒されました。やっぱり、一番好きな楽器はピアノです。

人生も舞台もノーカット

生活リズムにメリハリがつく地上波のドラマも良いけど、舞台というノーカットの世界もやはり良い!

私は、LIVEや野球観戦によく行きますが、これらは基本わーきゃー騒ぐもの。
でも、舞台はヲタTもユニホームも着ずに、サイリウムやメガホンも振らずに、ただただステージを見つめる。

こういう娯楽も良いものです。本当に、異次元にいるかのような感覚に陥ります。

お仕事がないからとりあえず舞台。っていうアイドルが多いなか……
昔から「舞台をやるのが夢!」と言い続けてきお方の舞台なので、他のアイドルとはまた少し違った感じ。

AKB48SDN48戸島花もとても素敵だったけど、女優戸島花を相変わらず素敵。
何と言っても、演技の安定感が素晴らしいです。

いつだって私のセンターにいるのは戸島花

そして、今回も終演後に少しお話しさせて頂きました。

花ちゃんの方から気づいてくれて嬉しかったなあ〜!
なんか神的ポジションだから未だに認知されていることが信じられない←

SDN48のときは劇場に通ってたし、握手会や写メ会にも行ってたからここ数年、結構喋ってるんですけど……
相変わらずの緊張。何度話しても慣れない!!! タメ口で話してる子とか真上に見るもん←

いろいろあってしばらく会いに行けなくなっちゃうんですけど、それは言わずに……
いつも通りのお別れの仕方をして、吉祥寺を後に。Twitterがあるから会えなくても寂しくない!
「またTwitterで絡んでね!」って言われましたし!

f:id:aikoaaaaan:20140420005232j:plain

生写真も買ったし! 可愛いー!!!

もう花ちゃんは悲しいエースなんかじゃない

花ちゃんってAKBにいたときは、いっつも縁の下の力持ちだったんです。裏方の天才。
こういう存在も必要だし良いんだけども……推してる側からすると、本当にもったいなって思ってました。

南キャン山里の解説。「花ちゃんはファンからの評価がむちゃくちゃ高い! 今はAKBを卒業しちゃいましたけど、ファンをものすごい大事にするし、ライブでのパフォーマンスも素晴らしい。けど、なかなか前に出ることが出来なかった悲しいエースなんです。花ちゃんの何がすごいって、歌の間にトークがあるじゃないですか。その大筋の台本を作っていたのは花ちゃんなんです。やっぱりアイドルだからトークが苦手だったりするんだけど、なんとかライブを盛り上げたいって一心で台本を書いて、裏方をやってたのが花ちゃんなんですよ」

山ちゃんの言う通りなんです。

でも、舞台になると主役やらヒロインやらでいっつも中心にいる。

これは元48Gっていう経歴に劣らない実力があるからなんだろうなあ……。
やっぱり、そんぐらいのポテンシャルを持っている子なんです。

私は、花ちゃんの演技をこれからも見続けます。やっぱり、戸島花

“元AKB48”という肩書きを背負いながら

f:id:aikoaaaaan:20140419183757j:plain

f:id:aikoaaaaan:20140419183717j:plain

そして、まさかの全じゃんからお花が! あの黒歴史ラジオと言われている全じゃんからお花が……!

全じゃんは一番好きなラジオだったかもしれぬ。。
なちのんと花ちゃんのやり取りが楽しすぎて、今でも聞き返すくらい!

アイドルの花ちゃんも舞台女優の花ちゃんも……両方好きです◎

【関連記事】
推しを地上波で見れる本当の喜びをあなたはまだ知らない。
私は隠れキリシタンならぬ、隠れドルヲタだったことを山手線の中で急に思い出した。

 

エクステ娘 劇場版 [DVD]

エクステ娘 劇場版 [DVD]

 
会いたかった(戸島花ver. -16秒-)

会いたかった(戸島花ver. -16秒-)