読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

何もできずにそばにいる / 乃木坂46

もし 人々に涙流す
感情がなかったとしたら
しあわせか不幸かどっち?答えは?

何もできずにそばにいる/乃木坂46


しあわせか不幸かの二択しかないんですよね、結局。

私は5月の末から40日間、海外に行ってました。

高熱を出したり、食欲不振になったり、英語が苦手なので上手くコミュニケーションが取れなかったり、部屋中が蟻だらけになったり、銀行何件まわっても「日本円は両替できない!」って言われたり、タクシーのおじさんとモメたり、「お前はここで降りろ!」っていきなり言われて大渋滞の車道にいきなり降り立ったり、「後ろのバスに乗れ!」って言われて走ってるバスに走って乗り込んだり、「今からテレビを買いに行こう!」と男性2人に拉致されそうになったり、外人と揉めに揉めて心折れかけたり、それはそれはいろんなことがあったのですが、私は幸せだと思いました。

一度も「あぁ、早く日本に帰りたい……」って思わなかったです。
むしろ、帰国の日が近づくにつれ、「あぁ、帰りたくないよー!」と唸ってました。

それはなぜか、たくさんの人が私に親切にしてくれたからです。

1回のしあわせですべての不幸がチャラになってしまうんじゃないかっていうくらい、
たくさんの国でたくさんの人に、ほーーーんとに優しくして頂いたのです。あぁ、みんなに会いたい。。

仲良くしてくれた方には、ひとり残らずTwitter or Facebookのアカウントを聞きました。
なので、今こうやって日本に帰ってきても、みんな元気にやっていることがわかって、ほっとします。
この前もタイのお友だちが日本にきて、一緒に横浜でご飯を食べたのです。
なんか不思議な気持ちでした。“あぁ、やっぱり、私たちって同じ地球に生きてるんだな……”って。。

日本はとても平和な国です。幸せな人が多い国です。

しかし、私は海外に行って「あぁ、日本人で良かった。」って思うことは一度もなかったです。
「私はこの子たちより恵まれた環境で育ってきたんだ」なんていう優越感は微塵も感じられず、
それどころか、ただただ毎日「なんで私は日本人なんだろうか……」って考えてきた気がします。

日本にはたくさんアイドルがいますが、乃木坂の曲はいろんな意味で深いものばかり。
訴えかけてくるものもすごい重いです。これは乃木坂の良いところでもあり、強みです。

SKE48乃木坂46を兼任している松井玲奈さんも乃木坂のすごさを語っておりましたが、
やっぱり、この子たちの根性、アイドルとしてのプロ意識はすごいです!

彼女たちは、AKB48の公式ライバルです。オーディションに受かって、アイドルになって、終わり。
じゃなくて……彼女たちはAKB48に勝つためにアイドルためになったのです。

目標が定まっていることより心強いものってないですよね。

何もできずにそばにいる

何もできずにそばにいる

何もできずにそばにいる

何もできずにそばにいる

 
何もできずにそばにいる

何もできずにそばにいる