読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

今、私が全力でオススメするアイドルグループ5選。

この前、ふと思ったんですよね。

「アイドルのこと考えない日なんてここ十数年一度もなくね?」って……。結婚したら夫と子どものことを死ぬまで考える。これは普通。当たり前。私もいつかこうなれば良いな。と頭のどこかで思っていますが、現状、いつも考えてることといったら、よその家の娘さんのこと。アイドルのことです。

もう最近は星の数ほどアイドルがいて、素人なんだからプロなんだかよくわからない子まで。。もうすべてのアイドルを把握するなんて無理な話です。私は王道アイドルから地方の地下アイドルまで、今までたくさんのアイドルを生で見てきました。そこで、今日は、KSDDの私が今、全力でオススメしたいアイドルを5グループをご紹介したいと思います。

Berryz工房のすべてが好きだ!

ロマンスを語って/永久(とわ)の歌 (通常盤A)

ほんとこの一言に尽きる。Berryz工房のことがやっぱり好きなんです。溺愛。YOU! 大好きすぎるという歌詞がBerryz工房にはありますが、まさにYOU! とは君たち。あなたたちのことです!!!

同い年でキャプテンの清水佐紀さん、世間での知名度が一番高い嗣永桃子さん、あなたの笑顔は世界を救う徳永千奈美さん、ハロプロの母須藤茉麻さん、ハロプロのおしゃれ番長夏焼雅さん、背が高い熊井友理奈さん、みんな大好き菅谷梨沙子さん。この7人揃って、はじめてBerryz工房です。

私たちがモーニング娘。に憧れていたあのとき。 - こちら側から見た世界

"あの"黄金期のモーニング娘。をTVで見て、私たちと同じようにモーニング娘。に沸いた子たちです。そして、モーニング娘。の妹分という絶好の位置を手に入れたのがBerryz工房です。Berryz工房をあまり知らない人からすると、Berryz工房=ももち。でしょう……。Berryz工房=ももち=うざい。という方程式が成り立ってしまう人のために、『ジンギスカン』のお写真貼っておきますね。

f:id:aikoaaaaan:20141029064608j:plain

もおおおお、左の子かわいいでしょおおおおお???

歌って踊る嗣永桃子さんはもう言葉で表せないくらいの素敵さなので、LIVEにぜひ足を運んで頂きたい。来春活動休止してしまうから今のうちに見ておくべきというより、活動休止をしなくても、アイドル歴10年のBerryz工房の単独コンは一度見ておいても損しないと思います。ほんとね多幸感に包まれるから!!!

女性がアイドルを10年やるということは、簡単なことではないです。男性アイドルに比べたら短命の彼女たちは、アイドル10年やっちまったんです。ドルヲタって新しいグループ、新しいメンバーに飛びつきやすいですが、もうBerryz工房は新しいとか古いとかそういう次元じゃないんですよ。もういつも旬。いつ見てもおいしい。いつ見ても輝いてる。

先ほど背が高いの一言で済ませた熊井友理奈さんなんてお顔も整っているし、容姿だけ見るとモデルをやるべき人材(熊井ちゃんが性格的なところでモデルに向いてるのかっていうと、私はちょっと微妙な気もするんですが)。本人もモデルやりて〜〜やりて〜〜言ってるんだから、そういうお仕事増やしてあげれば良いのになかなかモデルを名乗れるほどモデルのお仕事できてないんですよね。

女優業をやりたい子もいるのですが、いかんせん彼女たちが所属しているハロープロジェクトの年間スケジュールは巡業をしている相撲取りと同じような感じなので、ガッツリスケジュールを取られる連ドラや映画への出演は少し難しいです。舞台はときたまやっていますがね。

こうやって見るとBerryz工房の10年って歌って踊る以外のことも充実してたのかな。。ってちょっと寂しくなるのですが、ポジティブに捉えれば芸能界でまだやりたいことがあるということ。まだ芸能界にいてくれるということ。

正直、10年以上もアイドルをやったんだから、芸能界引退しても良いやっていうメンバーがでてきてもおかしくないと思うのですが、今のところは来春の活動休止後も各々芸能界で頑張るみたいです。Berryz工房はきっとまだまだこれから面白くなる! 

私のオススメ楽曲は、 Berryz工房普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』です。Berryz工房はひいき目なしで見ても良曲が多いです。先日昔のPVを某氏に見せたところ「ちょっと、若すぎるわ……」って引かれてしまったので、最近の曲で良いやつを。

f:id:aikoaaaaan:20141029072214p:plain

アイドルはバイト感覚じゃ続かないから!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2014年春ツアーは本当にオススメ。

ベリヲタで良かったと思ったBerryz工房デビュー10周年記念LIVE 。 - こちら側から見た世界

10年の歴史を2時間半で振り返ったLIVEで、私は5回見に行きました。あと5回見たかった。。

心のオアシス、アイドリング!!!

GOLD EXPERIENCE (通常盤)

昨今はフジテレビが作ったアイドルグループというより、菊池亜美さんがいるアイドルグループっていうイメージになりました。芸人のバカリズム升野さんがほぼプロデュースしていると言っても過言ではないほどの、お笑い要素たっぷりアイドル。

もうね、特にこの子今推してるんです!!! とか、そういう子も今いないの。なのに、ついつい冠番組を見てしまう。私の体はアイドリング!!!を欲しているんです。

最高かよ、アイドリング!!!

全国ツアーを行っていなくて冠番組もCSを中心に放送しているアイドリング!!!は、少し推すにはハードルが高いかもしれません。しかし、選抜方式じゃないですしセンターも黒ひげ危機一髪で決めるくらいのゆるさなので、アイドリング!!は、疲弊したドルヲタのオアシスです。一度アイドリング!!!の面白さにハマれば病みつきになること間違いなし。

LIVEの感想としましては、歌は特別に上手いというわけではないです。だけど、彼女たちは生歌にこだわっています。下手でも生歌でLIVEをします。ダンスも歌も全員が全員上手いわけじゃないですが、みんな本当に楽しそうにパフォーマンスするんですよね。

鉄の女遠藤舞が泣いた今年のナンバリングLIVE。 - こちら側から見た世界

アイドリング!!は年に1回にナンバリングというLIVEをやっています。私も毎年行っているのですが、本当に楽しい。歓声より笑いを取りにきてる。夜公演にはバカリズム升野さんも出てきます。なんかもう簡単に言えばお笑いLIVE。

でも、ちゃんとアイドルやるときはやる。このギャップがずるい! eveは特にずるい。

看板娘の菊地亜美さんはやっぱり面白いし、MCが上手い。ダントツに上手い。もうあの喋りをアイドリング!!!のLIVEで見れなくなると思うとかなり寂しい。これは菊地亜美を推してる推してないの問題じゃない。ただただ寂しい。看板娘を失ったあとバカリズム升野さんはどうやってアイドリング!!!を前に出していくのか。そして、新たな看板娘は生まれるのか。。こうご期待ですね。

王道アイドルのイメージに近いアイドル、乃木坂46

夏のFree&Easy(DVD付B)

Berryz工房アイドリング!!!が変化球なら乃木坂46は直球。

AKB48の公式ライバルの乃木坂46。公式ライバルといっても、AKB48と同じ秋元康プロデュースなので48ファミリーに片足を突っ込んでいます。なので、メディア力はあります。しかし、乃木坂はAKB48とは違う。

分かりやすいところからいくと、肌の露出が少ない。水着にならない。スカートが長い。乃木坂46は私立のお嬢様学校な雰囲気があって、ビジュアルのレベルもかなりお高めです。水着にならないしースカートも長いしー雰囲気も上品だとアイドルとして面白くないじゃんかよーって思うかもしれませんが、これがとてつもなく面白い。びっくりするくらい面白い。

口パクじゃんかよ。に異論を呈する方もいらっしゃいますが、私はそこまで生歌絶対主義じゃないです。だって、LIVEに行く理由は歌を聞くだけではないもの。私はLIVEにアイドルの姿を見に行っているのです。このアイドルの姿というのが、乃木坂46は本当に美しい。美しすぎる。眩しすぎる。国宝レベル。激しい選抜入り合戦を繰り広げてるとは思えない、穏やかさが彼女たちにはある。もっと言うと、「この子たちって本当に私と同じ人間? 同じ性別?」って思わせる雰囲気すらある。そして、ファンは彼女たちのことを"乃木坂ちゃん"とちゃん付けをして愛いでる。

乃木坂という名がついているものの、乃木坂に劇場はなく、LIVEは年に数回。結成当初は、"劇場作らないとAKB48に勝てない"って散々言われてましたが、"勝てるよ、あなたなら勝てるよ!!!"って"お前はメンバーの親か!"と突っ込まれるくらいに出てくる、謎の親心。

しかし、美しいだけじゃないのが乃木坂46。アイドルになりたいというより、AKB48を倒すためにアイドルになった彼女たちは、目標が定まっているので強い。一直線です。兼任で入った松井玲奈さんからどんどん良いところを吸収して、生駒さんはAKB48から良いところを盗んできてほしいです。

最高の夏の思い出をありがとう!乃木坂46「真夏の全国ツアー2014」千秋楽に行ってきました。 - こちら側から見た世界

今年の8月に神宮球場で行われたLIVEは今年行ったアイドルのLIVEで1位2位を争う素晴らしさだったので、DVDをご紹介したいのですが、いかんせん発売される気配がない。映像化する気がなさそう。。もうあの光景を脳内で思い返すことしかできないと思うと、もう死んでも死にきれない。あー、辛い。。乃木坂のLIVEは、DVDありきで見に行ってはいけません。人生一度きり、乃木坂のLIVE一度きりを合言葉に参戦しましょう。

PVも毎度のことながら凝っているので、見ていて楽しいです。見ていて楽しい以上に楽しいことはない。あと、チェックの制服ってこんなに目に優しいんですね。っていうとこに気づきます。自分が着ていたころはまったく思わなかったんですけど、チェックの制服って派手すぎず、地味すぎず本当にちょうど良いですね。

MADE IN ハロプロアップアップガールズ(仮)

チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ

MADE IN ハロプロだけど、もうハロプロじゃないアップアップガールズ(仮)。通称、アプガ。人数、カラーバリエーション共にBerryz工房と同じです。しかし、アプガの7人はBerryz工房が所属するハロプロをクビになりました。

LIVEパフォーマンスは勢いありまくりの攻めまくり。もう"股関節外れちゃうんじゃない? 大丈夫?"って心配になっちゃう。それくらい攻めてます。ハロプロで作られたお体なので、パフォーマンス力は高いほうだと思います。

歌も上手いし表情の作り方も上手。釣り師の関根梓さんとかもう、その技はどこで身につけてきたのっていうくらいの小悪魔。"引っかからない男の人いるの?"っていうくらいの釣り師。佐保明梨さんの握手の握力の強さ並みに関根さんの握手対応にはびっくりしました。あと、古川小夏さんは電車で私の目の前に座ってきたことがあるのですが、この子は電車をスタジオに変える力がありますね。もう車内が仕事先の現場。イヤホンで曲を聴きながら大きい口を開けて口パクで歌の練習。意識高すぎだろ! こなっちゃん!!! まあ、私は佐藤綾乃さん推しなんですが。。

楽曲は私の大好きな曲調、リズム感、疾走感で、やっぱり私はこういう曲が好きだなあ〜〜って思わせるものばかり。何気に結構CD買ってます。握手目当てじゃなくて、完全に楽曲目当て。むしろ、握手しなくても満足できるくらいなので、アプガの楽曲は本当にツボです。

私がアプガにハマったきっかけの曲がこちら、『チョッパー☆チョッパー』。もうね、こういうの求めてた。こういう楽曲を欲していた。やっぱり7人グループって良いですな。。

赤坂ブリッツで行われたLIVEに行ったとき、関根梓さんが足を怪我していたため女性のエリアの目の前に張りついてたのですが、めっちゃ見てくる見てくる。もう勘違いじゃないよ、あなたと今目が合ってるよって訴えかけてくるように見てくる。隣の女の子とか途中でサイリウムの色を関根さんのオレンジにしてましたかね。人の推し変した瞬間をこんなに間近で見たのはじめてですよ。

あと、黄色の佐保さんはスマイレージに入る予定だったんです。順当な道を歩んでいた子なんです。だけど、佐保さんはスマイレージに入れなった。。もうこのエピソードだけでなんか泣けてきません? レコード大賞新人賞を撮ったグループに結成直前までいたんだよ、佐保さんは。だから、アプガはハロプロに負けられない! (仮)を外すためにも、ハロプロに勝つためにも、日本武道館でLIVEをやるためにも、体張っていかねばならぬのだ。

世界規模で大活躍中のJKT48

JKT48 Heavy Rotation ヘビーローテーション CD(Type-B) 1st Album【じゃんけんカード付き】

ジャカルタを拠点に活動中のJKT48は、正直JKT48はまだあまり詳しくないにわか状態なのですが良いです! インドネシアに行ったついでにJKT48の劇場に立ち寄り、ちゃっかり全チームの公演を観てきたんですけど、良い。良いの一言に尽きます。

楽曲は全てAKB48のカバー。なので、ふらっと劇場に行ってもAKB48の曲を知っていれば私みたいに知ってるメンバーが仲川遥香さんとメロディーだけでも、十分楽しめます。しっかしね、公演のMC、Youtubeの映像、、、何喋ってるかさっぱりわからん(笑)公演のMCも目の前でみんなめっちゃ笑ってるんだけど、何話してるの……? 状態。

でも、かわいいってことは見てすぐにわかりました。

アイドルという文化がなかったインドネシアも、今はJKT48が大活躍中でインドネシアの女の子はみんなJKT48に入りたいと思っているらしいです。おそらく、全盛期のモーニング娘。、今のAKB48のような存在なのだと思います。

JKT48「はじめまして。JKT48と申します。」<コンサートDVD>日本向け特別盤

インドネシア東南アジアの中ではまだまだ発展途上な国で、日本企業も最近やっと進出していっている感じです。なので、JKT48をCMに起用することが多く、仲川遥香さんは引っ張りだこ。まさに日本とインドネシアの架け橋的存在。

アイドルが世界の架け橋になってるとか平和すぎる。世界平和=アイドル。私が常ずね思っている"アイドルは世界を救う"という言葉に一番近いアイドルかもしれません。

PVは『ギンガムチェック』が一番好きです。楽曲は『未来の果実』が好き。

ギンガムチェックは総選挙選抜楽曲なので、このPVを見れば"JKT48は今こういう子が人気なのね"っていうことがわかります。やっぱりセンターのメロディーは可愛いし、みんなの妹ゆっぴも可愛すぎる。ごんさんも好位置にいて、これはすごいの一言。

「私はもうAKBに戻らないです!」JKT48仲川遥香の発言をうけて思うこと。 - こちら側から見た世界

あと、JKT48の良いところはメンバー全員がTwitterをやっているところなんですよね。JKT48の公演に行くまでまったく知らなかったのですが、日本にも熱狂的なJKT48のファンがたくさんいて、ジャカルタまで握手会に参加しに行っている人もいるのです。こう考えるとSNSの更新は日本に住む私たちには本当にうれしいことで、インドネシアがこんなに近く感じることはない(もちろんツイートは全部インドネシア語なのですが)。フォロワー数もAKB48のメンバーより多い子がたくさんいて、人気と勢いを日本からも実感します。

劇場も連日満員。ただ、JKT48はお金持ちのインドネシア人しか楽しめません。いや、楽しめるけど劇場に行くとなると少しお高い。日本円で女性は500円。めっちゃ安いと私たち日本人は思いますが、現地の物価で考えるとかなり高いです。男性は1000円ですし……。でも、それでも連日劇場は満員で生写真を買っている人はたくさんいました。

だから、アイドル=お金がかかる(いや、実際かなりお金かかるんだけど)、アイドル=金持ちの娯楽みたいになっていて、そこはちょっと日本とはズレがあるのかなって感じました。私は在宅ヲタの期間が長かったので、お金がなくてもアイドルを楽しめることを知っていますが、最初にできたアイドルが劇場を持っているとなかなか"家でアイドルを楽しむ"っていうやり方は難しいみたいで、6月に劇場で知り合ったインドネシアの男の子はドルヲタ活動に疲れ果ててヲタ卒してしまいました。

良いところもたくさんあって、まだまだなところもたくさんある。ただ、JKT48の活躍は間違いなくインドネシアと日本のためになっていて、これからも注目し続けるべきアイドルのひとつだと思います。やっぱり、英語が喋れるアイドルって強いよね。メンバーほとんど英語喋れるし、活動の幅をもっと広げられる気がする。AKB48よりワールドワイドに活動できる可能性だって十分にあります。だからオリジナル曲の作成はマスト!

JKT48はオリジナル公演をやらなければいけない。 - こちら側から見た世界

秋元康に「JKT48のオリジナル曲作成は難しいでしょうか……」って聞いてみました。 - こちら側から見た世界

私はJKT48を好きになって、"海外のアイドルを応援するということはこういうことなのか"という感情に行き着きました。日本のアイドルは海外でも大人気で、海外からも推されています。その人たちの好きと私たちの好きは、同じ"好き"だけど、やっぱりどこか違う。これは経験しないとわからない感覚です。やっぱり好きなアイドルが言っていることはすべて把握したい。でも、わからない。。この言葉の壁は少し高くて、ニュアンス含めて理解したいとなると、多少の語学の勉強が必要です。

そして、実際に日本にきて好きなアイドルを見るとなるとかなりのお金がかかる。日本人が物価の安いインドネシアまでJKT48を見に行くだけでも、それなりの費用がかかるので、海外から日本にくるドルヲタさんたちはもっとかかっているはず。だから、みんな好きなアイドルのために働きまくっています。

アイドルは勉強と仕事への意欲向上に大いに貢献していて、もはや娯楽の一言で済ませられない存在です。それに、もう娯楽じゃないんだよね、JKT48を見ていると。国を背負っている重要人物的な存在で、若い女の子たちが自分の国を変えようとしているんです。もう、泣けちゃいますわ。おばさん泣いちゃう。"歌って踊る"ただこれだけのことかもしれないんですが、ただこれだけじゃないんです。アイドルは私の生活だけではなく、国も豊かにしてくれる存在なんです。

なんか語りすぎた感あるからこの辺にしておきますけど(笑)一言に"アイドル"と言っても、本当にさまざま。だから、自分にハマるアイドルが絶対にひとつはあるはず。多数あるアイドルグループのなかで私が今ハマっているアイドルグループはこの5組です。みんな素敵、大好き。

ご静聴、ありがとうございました。 

アイドルのいる暮らし

アイドルのいる暮らし

 

 

トピック「「いまアイドルファンは何を考えているか?」について