こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

不眠不休でアイドルを卒業した菊地亜美さんお疲れさまでした。

f:id:aikoaaaaan:20141124165138j:plain

モーニング娘。道重さゆみ氏の卒業に沸いた、2014年11月最終週。

実は同じ週に同じくアイドルを卒業した女の子がいました。それが、アイドリング!!!菊地亜美氏。

全国ツアーを行わないアイドリング!!!は、毎年(今は)1回、”ナンバリング!というお祭りLIVEを開催しています。"ナンバリングには必ず行く!”と決めている私は、中野でベリ紺があったものの、ひとり渋谷へ。1年に1回しかアイドリングのLIVEに参戦しない私にとってナンバリングは、1年ってやっぱりあっという間だな。と感じるひとつの指標でもあって、とても大切なLIVEです。

今年は昼公演がナンバリング。そして、夜公演は菊池亜美さんの卒業LIVEという構成で、私は夜公演のみの参戦。NHKホールの3階に行き、数カ月前に購入したチケットに書かれた座席に着席した数分後、3階の中央席に本日の主役、菊地亜美さんのご家族を発見。おばあちゃん、ご両親、お姉さん、弟くん、まさにご家族総出で、孫、娘、兄弟のアイドルを卒業する姿を見に北海道から渋谷にかけつけていました。

菊地亜美さんの名場面集VTRではじまった夜公演。昼公演のセトリを見たときは正直、「うわ!めっちゃ微妙!」って思ってしまったのですが、菊地さんが登場するなり、「私がセトリ考えました!」というお言葉を聞けたので、昼とは違うのだなとわかって、一安心。しかし、同時にデビュー曲の告白はセトリに入れ忘れました。というカミングアウトもあり、会場の笑いを掻っ攫っていくところだけ見てると、いつもの菊地さん。しかし、もうアイドリングのLIVEでこの破壊力抜群のMCを聞けなくなると思うと、まいぷるさんが卒業するときとはまた違った寂しさがありました。

ユニット曲は、菊地さんが参加したかったユニット曲に最初で最後に加入する!ということで、菊地さんを中央に曲ごとにメンバーが入れ替わる。菊地さんは一度もステージからはけずに、歌って踊り、人一倍喋る。LIVEの前の日から30時間生放送に参加していてほぼ睡眠を取れていないにも関わらず、昼公演そして、夜公演をこなす。そして50分ノンストップメドレーをやると聞いたときは、もう二度と見れないめいいっぱいのアイドル姿をみなさんに目に焼き付けてほしいことだと察し、50分ただただ見守らせていただきました。

外岡さんの「渋谷に振るベタな雪、はい、間違えました。」は今日一のきゅんポイント。

他のメンバーははけて、出ての繰り返しでしたが、今夜の主役はずーーーとステージ上にいてポジションもセンター。曲によっては涙詰まらせるところもあって、今日一濃い50分間でしたし、50分間一度もステージからはけずに歌って踊り続けるアイドルは初めて見た。粉雪ではまいぷるさんのソロパートも菊地さんが歌い、あぁ、まいぷるさんに会いたいな。と思っていたら、まいぷるさんどうですか?と声をかける菊地さん。なんとまいぷるさん、3階席の中央にいました。

途中、年齢と時間の関係でメンバー2人がお別れ。最後のメンバーからの手紙ではやっぱり最後の最後まで2期生は三宅さん以外菊地さんに気を使っていたなあ。こういうところ2期らしい。アイドルグループは仲良しごっこじゃない。菊地さんも「仕事をしにアイドリングの現場にきていた」って言っていましたし、彼女たちにとってアイドルとは、生きる術でもあるのです。

「亜美ちゃんの穴を埋めれるように頑張る」と言ったのは、結局同期の朝日奈央さんだけ。冗談でも誰も言わなかったこの一言を朝日さんが言ったもんだから菊地さんもびっくりしてましたな。

不眠不休で卒業した菊地さんは、辛そうな顔ひとつ見せず、最後の最後までいつもの菊地亜美だった。でも今日のこのハードスケジュールより、もっと辛くて大変なことがこれからの人生たくさん待っているんだろうな。

 

本当にお疲れさまでした。