こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

JUNONガールズコンテストに出演した℃-uteを見に行ってきました。

℃-uteのことを書きます。

f:id:aikoaaaaan:20140805003314j:plain

ハロヲタさんに「一緒に行きませんか?」とお声を掛けて頂いたので、
8月1日にめぐろパーシモンホールで行われた、JUNONガールズコンテストに行って参りました。

f:id:aikoaaaaan:20140805003401j:plain

今回のメインは、ガールズコンテスト。
日本一cuteな女の子を決めるイベントに、℃-uteはゲストで出演するという形でした。

客席には℃-ute応援席が儲けられており、これがかなりの良席。
ハロコンでも単独でも経験したことのない、良席でした。

ステージと同じ高さの位置にお席を用意して頂き、私は中央ブロックの一番前に着席。

今回は、女性限定イベントだったので、周りは見事に女性だらけ。

審査員の菊地亜美氏もこう言うくらい、チーム℃-ute女子の勢い素敵でした◎

コンテストに出場するファイナリストが紹介され、さわやか五郎氏も登場。
※さわやか五郎氏は、司会アシスタントポジションです。ファイナリストではございません。

ゲストアーティスト紹介では、スポンサーさんから提供して頂いた浴衣を着て、℃-uteちゃんたちが登場!

“このイベントのメインって、さっき出てきた素人の女の子たちですよね……?”
って問いかけたくなるほど、沸き上がる黄色い歓声! メンバーの名前叫ぶ叫ぶ。

年齢順にひとりずつ登場したわけですが、素人のファイナリストの子たちと明らかに風格が違う。
堂々としたウォーキング、表情。私たちがいる℃-ute応援席を見て微笑んでくれる余裕。

ハロコンや単独コンだと当たり前に流していた部分も、外のイベントでは、こういうところも際立つ。
菊地亜美氏も審査員席から℃-uteちゃんたちに見とれていた気がします。

℃-uteは、JUNONガールズコンテストに今年もゲストアーティストとして参加できる喜びや、
応援の言葉をファイナリストへ贈り、いよいよガールズコンテストスタート。

素人の女の子たちが、芸能界に入るために私たちにさまざまなアピールをしてくるわけです。

長年の特技を披露する子もいれば、この日のためにフラメンコを練習した子まで。
年齢も出身も顔の系統もバラバラの10人が、日本一になるために必死でした。
“ここまで芸能界に入りたい思ったきっかけを教えてくれ……!”って思うほど。

そして、℃-uteちゃんたちの出番。

“どうする? 立つ? 立って応援する?”と、全員が周りを伺っていたとき、
℃-ueちゃんたち、客席から登場! ℃-ute応援席の後ろから登場し、私たちの横を通って、ステージへ!
私たちは、「キャー!」と叫びながら、自然とスタンディングスタイルに!

1曲目は、ジュリエット ジュリエット

“おお、そういう選曲でくるか……!”と、みなさまびっくり。
衣装は、フランスでも着た、春ツアーのアンコール衣装(℃-uteの春ツアー行ってない……!)。

そして、びっくりしたのが2曲目。このくっそ暑い日に、会いたいロンリークリスマス

イントロが流れた瞬間、“おおおおおお!”という声が客席から上がりました。
“き、き、季節感どした……!”と思っていたら、私の席が愛理さんの0位置だということに気づく……!

愛理さんのピンクのタオルを首から下げる私は、どこを見れば良いのかわからない!
先ほども書きましたが、客席がステージと同じ高さなので、本当に真正面。本当に0位置。
私と愛理さんは身長が同じなので、顔の位置も同じ位置にありまして……
もう、どうすれば良いのかわからない……!!!(前向いてろ)

“横の岡井さん見てみる……? 矢島さんはどこにいる……? なんか今日の萩原さん、一段と可愛かった気がするんだけど? 中島さんだって素敵だった気がするよ? いや、でもこんな好位置で愛理を拝めるなんて、もうないかもしれない。。とりあえず、目の前にいるときは愛理さんを見ていよう”

という謎の葛藤の末、愛理さんをガン見するということで、一旦、気持ちを落ち着かせました。
しかし、愛理さんは幸か不幸か(絶対、幸)最後まで、私の目の前ポジションでした。
自意識過剰だと思われても良い……! 愛理さんと目が合いまくった!

3曲目は、悲しきヘブン。新しい方の。

この曲は、“会場にいる℃-uteを知らない人たちに聞いてほしい!”という気持ちが強かったです。
鈴木岡井ペアの歌声に感動しない人なんていない。後ろの3人のダンスもすごいんだぜ!

LIVEはまだまだ続き、4曲目はFOREVER LOVE

この曲は℃-uteの曲で2番目に好きな曲……! 梅さんいたときの曲……!
この時点で、もう単独コンを見にきているかのような錯覚さえありました。

5曲目は、℃-uteファンも好きな人が多いであろう、Midnight Temptation。

MTは、℃-uteの良さがとても出ている楽曲だと思います。岡井さんの“君の本性〜!”頂きました!
相変わらず、愛理さんは私の目の前にいることが多いし、サビの振りでこっち指さしてくるし。。
もう、なんなの、この子の可愛さ! それも、その前髪、私の好きなやつ……!
※後からわかったのですが、前髪は切ったのではなく、ウィッグだったそうです。

最後の曲は、みんな大好きDanceでバコーン!

会場の℃-uteを知らないみなさまへ、ほんと端から見たらよくわからない歌詞だと思います。
でも、私たちはこの曲が好きなんです。私たちは明日が待っているので帰りにうどんを食べるのです!

全6曲をフルコーラスで披露し、大盛り上がりで℃-uteちゃんたちの出番は終了。
素晴らしい余韻を残したまま、コンテストの最終審査発表へ。

結果、最年少の子が優勝しました。

久しぶりにセトリと共に、振り返ってみました。
次、℃-uteちゃんたちに合えるのは6日の音霊。またレポ書きます◎