読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら側から見た世界

私には越えなくてもいい壁があるのです。

Berryz工房デビュー10周年記念コンサートツアー2014秋~プロフェッショナル~に行ってきました。

本日、4年振りに行われたBerryz工房の秋ツアーに行ってきました。初日昼公演!

13時15分ころ、座間ハーモニーホール到着。

体調がイマイチだったので着込んで行ったのですが、ベリーズ姐さんたち晴れ女集団ってことを忘れていて軽くのぼせました。グッズ列に並んでいるときが絶不調ピークで公演前に死ぬかとおもた。公演前からもう1公演見たかのような疲労感。

なんとかコレ写購入。清水さん率高し。桃さん自引きできたよおおおおかあさあああああああん!!!

座席は4列目のセンター席というかなりの良席でして、近すぎる以上の近すぎる。こんなにも開演までがあっという間に感じたLIVEは初めてかもしれません。それくらい、いろんな意味で頭がフラフラしておりました。

そして、いざ開演! OP VTRはプロフェッショナル工房の流儀! はい、プロフェッショナル仕事の流儀のオマージュでございます。ベリーズ工房の流儀。こういうのほんとベリーズらしくて大好き! 

1曲目はまさかの、すっちゃかめっちゃか〜。絶対に、1曲目に持ってくるタイプの曲ではない、でも、これが良い。予期せぬことが起こるところが良いのだ。アジセレではDJ MIYABIによるメンバーの紹介もあったり、来月発売する新曲の披露があったりと、4年振りの秋ツアーも盛り上がる盛り上がる。

サヨナラ ウソつきの私では、このツアー限定のアレンジで、聴かせる曲に。世界で一番大切な人は絶対にくると思っていたので、きた瞬間びっくり。春ツアー同様、このような“千奈美TIME”が今回の秋ツアーにもあって、こっちまで自然と笑顔になります◎

そして、シャイパを全力で踊ったあとにステージからはけない研修生を見て、多くの人が思ったことでしょう……“研修生よ、2曲も歌うのか!”と。しかし、ここがとても面白いところで、ベリーズと一緒に素肌ピチピチを踊るのです。ベリーズ姐さんがつくった半円の中で踊る研修生。それを静かに見守る、先輩Berryz工房。この図は迫力がありすぎて、圧がありすぎて、面白すぎて、本当に一瞬なんだけど、インパクト大です!

なんちゅう恋はやっと生で聞けて感動。バスケットボール!!! 終始、桃さんに釘付けで他のメンバーがまったく視界に入りませんでした。前の席は前の席でこういう後悔があるのですね。。学びました。はい

うちゅうはちゅひろうの新曲も幸せに浸っていたら、まさかの最後の最後の曲が一度も聞いたことのないというオチでした。知らない曲で本日終了しました(笑)これこそ、まさに“ちょっとさみしいな”。

春ツアーは2時間で10年を振り返るとても勢いのあるLIVEだったのですが、秋ツアーは聴かせる曲が多くて、春とは真逆な感じです。2時間でこの10年間で学んだことを披露する感じでした。ベリーズっぽい曲からはじまり、最新曲を歌い、後輩を見守りながら歌い、やっぱり、活動休止は“ちょっとさみしいな”と思わせるLIVEでした。

Berryz工房、4年振りの秋ツアー。そして、最後の秋ツアー。見ておいて絶対に損はないと思います。お時間ある方はぜひ!



帰りに渋谷のタワレコに行ってきたので、そのことは改めて書きます。